2017年 日本旅行 6日目 (Part2)

黒川温泉・お宿 野の花

黒川温泉街を観光するはずだった私たちは、すごい雨にあい・・・

観光をあきらめ、旅館に直行して、
温泉に入ったり、ごろごろしたりして、夕食の時間までを過ごす、という
プランBに切り替えたのでした。

チェックインは午後3時からだったけど、旅館に着いたのは2時。
駐車場でちょっと待ってようか思ったら、
旅館の人が傘を持ってお迎えに来てくれて中に入れてくれました。

お宿「野の花」というところです。

yadoi_25175236_.jpg

黒川温泉街は高級温泉街としても知られています。

その温泉街中心部から車で5分のちょっと離れた場所にあるこの旅館。
部屋が離れになっていて、全部で8部屋しかないんです。

しかも子供は泊まれないそうです。
だから、本当に静かにゆっくりしたい人向け。

山の中に建物が見えないくらいひっそりと建っていて、
隠れ家旅館的雰囲気がまんまんです。

そして部屋に通された瞬間から、私達のテンションはマックスに。

まず、めっちゃ広くて綺麗。

20170718_143258.jpg


しかも、全室、露店風呂が付いているんです。

今まで大衆浴場に入ったことがないモーリスが、
個室にお風呂がついてないと嫌だということで、ここにしたんですが、
この宿を選んで本当に良かった!

チェックイン後すぐにおやつとお茶を持って来てくれました。


20170718_143010 (1)

お茶を飲み終わるころには
土砂降りだった雨がすこしやんできました。

部屋の様子をビデオにしようとしたんですが
日本語で話しはめて途中から気付かないうちに英語になってました。
すみません。



旅館の方が用意してくれた浴衣に着替えた私とモーリス。

20170718_144429.jpg


でも、一番大きいサイズの浴衣が、モーリスには小さすぎて・・・

袖が肘までしか来ない!

20170718_144325.jpg


甚平か!

モーリスも、「いかん、この浴衣、パツンパツンで破れそうだ!」
というので、すぐに脱がせました。

でも、こんなこともあろうかと、自前の浴衣を持ってきましたよ。

20170718_145000.jpg

通常の反物の幅では身幅が足りずに、
あまり布をつぎはぎにして作ってもらったオーダーメイドの一張羅です。
モーリスもかなりテンションが上がってます。

かっこよく浴衣を着こなそうと、
旅館に備え付けてあった羽織を上からかぶせていました。

荷解きしたところで、さっそく、お風呂に入ることにしたのですが、
個室についているのは露天風呂。

このとき、まだ雨がちらほら降っていて、
またいつ土砂降りになるかわからなかったので、
旅館の中にある、共同の内風呂へ行くことに。

大衆浴場は初めてのモーリス。
家族湯で何度も温泉体験しているから、浴室でのマナーも大丈夫!と、胸をはるモーリス。
恥ずかしいのもあると思うけど、ここは全部で8室しかない小さな旅館だから、
そんなに人もいないだろうということで、勇気を出して、Go!でした。

女風呂の方は貸し切りだったー。

nonohana_uchiyu_0802.jpg

誰もいないことをいいことに写真撮ったり、GoProで撮影したりしてみた。



お風呂から部屋に戻ったモーリスに、
初めての大衆浴場体験はどうだったか聞いてみると、
一人だけ他のお客さんが入ってて、「別に、普通だった」そうです。

裸の状態で、他の人と会話したりしなきゃいけなかったらどうしようとか思ってたけど、
それがなくて、他の人の存在があまり気にならなかった、とのことでした。
前に、私がお風呂は一種の「社交の場」だと言ったことがあったのですが、
知らない人と話さなきゃいけないと思ったらしいw

そして、しばらく休憩して、
今度は部屋に備え付けのお風呂にはいりました。
何度かお風呂に入って、出て、休憩してまた入ったり、
とにかくゴロゴロして過ごしました。

お風呂に入った後に、私はフェイスマスクり。

20170719_144510.jpg

このフェイスマスク、旅館のアメニティーセットに付いてました。

20170719_080124.jpg

アメニティーセットはこの、和風な巾着袋の中に入れられていて、いい感じ☆

モーリスは、テレビを見ながらしばらく大いびきをかいて爆睡していました。
先日までの疲れがたまってたのかな?

そして、お昼を抜いてまで楽しみにしていた、待ちに待った夕飯の時間。
フロントから電話がかかってきて、「夕食の準備ができましたー。」

部屋食ではないので、食事処まで行かなければいけないのですが、
でも、食事処は個室になっていて、
他のお客さんと顔を合わせることはありませんでした。

20170718_183450.jpg

小さな部屋でしたが、とても綺麗で、小さな窓から庭が見えるのが素敵。

DSC02421.jpg


この日のメニューはこんな感じ。

20170718_180210.jpg

そしてこの旅館の料理のおいしさが半端なかった。

序盤の先付けと前菜とサラダだけで、もう味の虜になった私達。

サラダ

DSC02415.jpg

先付けと前菜

DSC02416.jpg

このときに出てきた牛蒡チップスもめっちゃおいしかったです。

ニジマスのお造り

DSC02419.jpg

蓋物:あゆの翡翠万十

20170718_182610.jpg

この蓋物、めちゃくちゃ美味しくて、今でも時々思い出してよだれがでます。

焼き物:アボカドのみそ焼き

20170718_183004.jpg

そして、いよいよメインディッシュ!

肥後の赤牛のしゃぶしゃぶ

20170718_184239.jpg

モーリスと二人でメロメロ状態です。




最後のデザートもびっくりする味で美味しかったですが、
あまりに食べるのに夢中になって、写真撮り忘れました。

食事処を出て、部屋へ帰る時に、
旅館の人が、お客さんたちの下駄を綺麗に並べてくれていて
部屋の名前の札が置かれていたのですが、
モーリスのサンダルの桁外れの大きさに爆笑しました。



この後、お腹いっぱいすぎてあまり動けなかった私達は、
ひぃひぃ言いながら部屋へ戻りました。

戻ったら、布団が敷いてあって、

うぅぅうっ、私は、もう動けないー、と言いながら布団に入り、
「私、ちょっと休憩するねー」と、言いながら、そのまま8時半ごろに寝てしまい、
朝まで起きませんでした(笑) 食っちゃ寝、というのはまさにこのこと。

モーリスはその後一人酒したらしいです。
冷蔵庫に夜食のフルーツを入れていますからどうぞという書置きを見つけ

冷蔵庫からこんなかわいい器を見つけ、

DSC02437.jpg

美味しいフルーツを堪能したのだとか。

DSC02435.jpg

なんとも贅沢な時間を過ごしました。


コメント

非公開コメント

PROFILE

リサ&モーリス

Author:リサ&モーリス
Welcome★

こんにちは。2009年に日本からアメリカ、シカゴに引っ越して以来、新しい文化、価値観、人々、食べ物に出会いながら楽しく生活しています。ここでは主に私の好きなことやもの、特にDIY、収納やインテリアに関するプロジェクト、料理、などなどを皆さんと一緒にシェアしたいと思っています。一人の日本人教師が異国の地で新しい文化を学びながら暮らしている様子を綴ったブログです☆


国際結婚の手続き情報HP↓
Rt's ★ アメナビ ★

Follow me on Youyube too! ↓
Risa's Youtube Channel

CONTACT ME

name:
e-mail:
title:
message:

QR CODE

QRコード