2017年 日本旅行 5日目

鍋島焼(伊万里焼き)と 呼子のイカ

日本旅行5日目。
この日は家族水入らずで、佐賀県へ日帰り旅行。
弟が、大きなレンタカーを借りてくれて、
家族全員、三世代でGO。

20170717_165736.jpg

まず行ったのは、鍋島焼で有名な佐賀県伊万里市。

町の入口にある橋の欄干が焼き物でできています☆

Image_6fb2fb3.jpg

伊万里焼は、豊臣秀吉が朝鮮を侵略しようとして兵を送った時に、
同行した鍋島藩の藩主が朝鮮半島から、
素晴らしい焼き物の技術を持った人たちを連れてきたのが始まり。

もしや拉致ですか!?
(ええ、そうみたいです。拉致された人と亡命した人も)

そしてこの焼き物の技術を外に漏らさないように、
焼き物師たちを、この町に閉じ込め、焼き物を作らせたんだと。

src_14363353.jpg


これは関所の跡なんだけど、この関所から外には出られなかった焼き物師たち。

ひどいー!人権はー!?!?

こうやって、特定のものを作る技術を門外不出にしたかった理由は、やはり市場独占権のため。
市場っていうのはこの場合一般ピーポーではなくて、政府が買ってくれる、幕府ご用達だったわけで。
それだけで藩にお金が、がっぽり入ってくるわけですね。
だからそれぞれの藩が、これといった産業が欲しかったわけですね。

20170717_120206.jpg

説明書きには藩主が焼き物師たちを「召し連れ」たと書いてありますね。
ものはいいよう!?

DSC02272.jpg

それはそれとして、
ここは結構急勾配な山道に沿って、窯元がずらっと並んでいて、
全部見るとしたら丸一日いても足りなさそうです。

DSC02238.jpg

やっぱり鍋島焼って、色がめちゃくちゃキレイー!

Image_6e3a09e.jpg

でもめちゃくちゃ高いーー!

DSC02245.jpg

でもどれも素敵でどれも欲しくなります!



片岡鶴太郎の絵付けした皿もたくさんありました。

DSC02255.jpg

斬新なかんじ。

んー、でもやっぱり私はいかにも伊万里って感じの絵付けが好きかなー。

それから伊万里は風鈴も有名なようで、
風鈴まつりというものもやってました。

20170717_113653.jpg

町中に、涼し気な音色が鳴り響いていてとても風情がありました。
モーリスも、お母さんへのお土産に風鈴を買っていました。

↓こんな巨大風鈴もありましたw

20170717_121248.jpg

真剣に一眼レフで撮影するモーリス。
どこに行っても真剣に撮ります。

Image_2009900.jpg

さらに、ここにも真剣に撮影する私の姪っ子!

Image_ea73ad4.jpg

はたから見てると面白いですが、
本人はいたって真剣ですw

歩き回って色々な窯元を見ました。
私も小さい爪楊枝入れを買いました、
というか弟夫婦に買ってもらいました(笑)

20170717_124727.jpg

最後にみんなで、ふもとのカフェで一服したのですが、
アイスコーヒーやお水を入れるコップも、全部鍋島焼でした。
超可愛いー。
こういう感じで、自分のおうちでも、好きな焼き物コレクションとかしてみたいわ。

焼き物を見たあとは、呼子へ、イカを食べに。

道中の山並みの景色に癒される~!

20170717_182625.jpg

で、山があったと思ったらすぐに海!
いいですねー、佐賀。

20170717_165417.jpg

しかもちょっとした歴史的なスポットもあります。

豊臣秀吉の朝鮮出兵の時、
九州の北部から船を出さなければいけなかったので、
この肥前に名護屋城という城を建てて、
そこを拠点にして朝鮮半島へ向けて軍を発したんです。
ここから加藤清正やら福島正則やら、若い兵たちが日本を発って行ったんですねぇ。
名護屋城の跡も私たちが目指していたレストランの近くにあったみたいなのですが、
時間がなくそこは今回見ることができませんでした。
でも、車の中から、あちこちに、大名たちが陣取りした跡などを見つけました。

maxresdefault_20170813020801dd5.jpg


maxresdefault (1)

こんな九州の田舎に、全国の大名が集まったのですねぇ。

そして、私たちのお目当てのレストラン近くの駐車場のすぐ目の前にも、
加藤喜明の陣の跡がありました。
確か、豊臣秀吉の七本槍の一人だったのでは?



そして、お目当てのレストランは、というと、
海に浮かぶレストラン!

20170717_143550.jpg

なんて素敵☆

ながーい橋を渡ってレストランに到着ー☆



やっと呼子のイカが食べれる!と、思ったけど、一時間待ちでした。
連休の最後の日だし、有名なレストランらしいから、仕方ないね。

でも、待ってる間に、レストランの周りをうろうろしたり、
地下から見れる魚が泳ぐ水槽を見たりしてたら結構あっという間に時間が過ぎました。

これから私達に食べられる魚たち?

20170717_152014.jpg

レストラン入口周辺で写真撮影


20170717_144045.jpg

海と緑の景色&解放感が最高☆

20170717_165219.jpg

そして、海を眺めながら、呼子のイカを食べました☆

DSC02321.jpg

新鮮で透き通っているー!
モーリス、怖がらずに普通に食べました。
イカ、すごく甘くて新鮮でおいしかったです☆

なんか、日本人がこういう風に目玉のついた海鮮類を食べるのを見て
たいがいの欧米人はひく、というか、「何て野蛮な・・・」と、心の中で思うかも、と
私は思うのですが、どうでしょうか。
てか、そういうことをズバリ言われたこともあります。

モーリスは「牛や鶏を食べるのとどこが違うんだ」と、全然偏見なく
何でも食べてくれるので、旅行に連れて行く甲斐があるというものです。

このお店はイカシュウマイも有名なのだそうですが、
それもおいしかったー!

20170717_154512.jpg

弟もお土産に買って行ってました。

で、イカを刺身で食べた後は
げその方は天ぷらにしてくれます。



一つの素材で二度おいしい。
味に飽きが来ないのがいいですね。

デザートの柚子の水まんじゅうもすごく美味でした☆


おなかいっぱいー!

20170717_154101.jpg

たらふく食べた後は佐賀を出て、帰路に着きました。

実はこの日が、私の実家に泊まる最後の日だったので、
最後にもう一回、家族湯に入りたいとリクエスト。
三部屋借りて、温泉を堪能した後、うちにたどり着いたのはもう夜の8時すぎ。
それから次の目的地へ向けて荷作りをして、床についたのでした。

コメント

非公開コメント

PROFILE

リサ&モーリス

Author:リサ&モーリス
Welcome★

こんにちは。2009年に日本からアメリカ、シカゴに引っ越して以来、新しい文化、価値観、人々、食べ物に出会いながら楽しく生活しています。ここでは主に私の好きなことやもの、特にDIY、収納やインテリアに関するプロジェクト、料理、などなどを皆さんと一緒にシェアしたいと思っています。一人の日本人教師が異国の地で新しい文化を学びながら暮らしている様子を綴ったブログです☆


国際結婚の手続き情報HP↓
Rt's ★ アメナビ ★

Follow me on Youyube too! ↓
Risa's Youtube Channel

CONTACT ME

name:
e-mail:
title:
message:

QR CODE

QRコード