スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年 日本旅行 3日目(PART1)

地元観光と法事

日本旅行3日目は、私の家族も仕事してるし、姪っ子も学校だし、
またまた従妹が朝から地元観光へ連れて行ってくれることになりました。

この日は地元内にいたにも関わらず、観光したところが多かったので、
二つの記事に分けて書きます。

まずは朝に行った観光地のことから。


歴男のモーリスは昔から日本神話とか、古墳とかに大変な興味があって、
九州北部では沢山古代遺跡があるのだから見てみたいと言っていました。

吉野ヶ里遺跡とかにも連れて行きたかったけど、今回はそういう時間はなく
私の地元に残る古代遺跡を見せることに。

そこで、連れて行ってもらったのが、私のいとこのおすすめ、「肥後民家村」という所。
実家から車で15分くらいの距離。
こんなところにこんなものがあったなんて!と、私もしりませんでした。

DSC02053.jpg

ここには、古墳&歴史好きにはわりと有名な「江田船山古墳」という古墳があります。
他にも古墳時代から戦国時代くらいまでの出土品や家屋が展示されていたり、
観光者向けに、刀鍛冶のお店、陶芸体験できるお店、カフェなどもあります。

古墳は、日本の歴史の七不思議の一つ、大和族がどこからやってきて
どのように勢力を拡大してきたか、を解くカギでもあり、
歴史学者は中を見たくてしょうがないのですが、
皇室はなかなか中を見せてはくれないようです。
だからますますミステリー感アップです。

20170715_111627.jpg

ちょっとわかりにくいけど、私たちが立っているのが、鍵穴古墳のお尻の方。

DSC02081.jpg

古墳の上には大きな木が乱立していて、いかにも古そうです。

DSC02079.jpg

ここで、一人の男性が「江田船山古墳を探しているんですが」という人が現れる。
「ここですね!今、目の前に古墳がありますよ!」

確かに目印もなく、ここが古墳ってわからないのですよね。

この男性っとしばらく話すと、
東京からわざわざ古墳巡りをしにきている方だということが発覚。

「しかし熊本の人はこんなに歴史的なものが沢山あるというのに、
 観光スポットとしてちっとも宣伝しようとしてないんですかねぇ。
こんな説明書も簡潔だし、目印ないし、人いないし。」
と、言う歴男のおじさん。

私も同感だよ。
歴史好きにはたまらん物が沢山ありながらその価値を分かってない地元民。
よくある話だよね。もっと宣伝できたらいいのにね。

このおじさん、桓武天皇の西日本征伐に興味があるみたいで
ひとしきり歴史について熱く語っていました。
本当に好きなんだね。
私もモーリスも好きだから、同志を見つけたみたいに嬉しかったです。

わざわざ東京から来てくれたのに、こんなに何もなくて辺鄙な所でごめんね。
熊本県民を代表してあやまっとくよ。

おーぃ、熊本県のお役所さんー!
こういう全国の歴史好きの意見を取り入れて何か観光企画したらどうでしょう。
わざわざ東京からこんな辺鄙な田舎に来てくれるんだよー!
と、言いたいですね笑

さて、この施設、古墳あり、貝塚あり、

20170715_103402.jpg

さらに埴輪あり、

DSC02082.jpg

で、古代感満載なのですが
戦国時代のものもあります。

(なぜ古代からいきなり戦国?とか内心つっこみたいですが)

わざわざ上越地方から移動させてきた武家屋敷みたいなのがあり、
その二階に、刀鍛冶さんがいらっしゃるようですが、
残念ながら、この日はお休みで、鍛冶を打つ様子を見ることができませんでした。

DSC02075.jpg

DSC02056.jpg

でも、このお屋敷の中、「ご自由に見学してください」と書いてあり、
ドアも開けっ放しで誰もいなので、本当にご自由に見学しちゃいました。

私の自由な見学っぷりにビビるいとこ↓



さらに、ここには、万世窯という窯元もあり、
ここで、茶碗を二つと、小皿を4つ買っていたモーリス。
シカゴに帰ってさっそく使っています☆

20170810_074651.jpg

釉薬の触感がすごく良くて、色合いも優しくて、私も気に入っています。
値段もすごく手頃だったので
モーリスと、もっと買っておけばよかったね~と言っていますが
スーツケースに割れ物いっぱい入れるのも不安ですからねぇ。
難しいところです。

ところで、ここに連れてきてくれた私のいとこ、盆栽が大好きで、
盆栽初心者のモーリスがいろいろと教えてもらっているのですが
二人とも苔が好きらしく。。。そう、苔ですよ!コケ!(私には理解不能な世界)
事あるごとに『良質のコケ』を見つけて大盛り上がり。

↓コケについて熱く語るいとこ。



反応の薄い私との温度差がすごいでしょ笑
いとこが、「ここは盆栽の素材の宝庫」と言うように
この民家村、色々な施設もさることながら、自然が良い!

DSC02097_201708102151516fc.jpg

こんな景色や

DSC02067.jpg

こんな景色を見ながらの散策はちょっとしたハイキング気分で最高でした。

この施設を出て、さらに私の実家に近づくこと車で10分。

次に行ったのは、横穴古墳群。

DSC02106.jpg

正式には横穴墓というのだそうです。

なんのことはない、山の崖肌に、横穴があるのですよ。

DSC02099.jpg

普通に車ではしってたら見過ごしてしまうレベル。

DSC02101.jpg

横穴墓、読んで字のごとく、古代のお墓なんですが、中に入ると、装飾がしてあるそうです。
なかなか大きくて、人一人、余裕で立ったまま歩いて中に入れると思います。

DSC02108.jpg

この、鍵穴古墳と、横穴墓群の位置関係からみて、
鍵穴古墳には王様が、横穴古墳には側近たち?が埋葬されたのでは?
と、私は想像してみたのですが、皆様はどうでしょうか。
何しろ5世紀ごろに作られたもの。
まだ文字がない時代の話なので、詳しいことは解明されてないのかもしれません。

こういう古墳群は九州北部と近畿(特に奈良あたり)に密集しているそうですので
邪馬台国が九州にあった説と近畿にあった説があるのですね。

最近の研究では、九州北部の古墳は5-6世紀ごろのものが多く、
近畿地方のものは6-7世紀のものが多いことが分かっているようです。
だから、何か大きな政治勢力が九州北部に突如出現。
その人たちが北上しながら勢力を拡大していったと考えられているそうです。
そして、大和朝廷の発展へとつながるのだとか。
(ごめん、ここの部分、モーリスからのウケウリ笑)

まあ、そんなこんなで、私たちの朝は、「モーリス、古墳に興奮ツアー」となりました。
(オヤジギャグ|д゚)

コメント

非公開コメント

PROFILE

リサ&モーリス

Author:リサ&モーリス
Welcome★

こんにちは。2009年に日本からアメリカ、シカゴに引っ越して以来、新しい文化、価値観、人々、食べ物に出会いながら楽しく生活しています。ここでは主に私の好きなことやもの、特にDIY、収納やインテリアに関するプロジェクト、料理、などなどを皆さんと一緒にシェアしたいと思っています。一人の日本人教師が異国の地で新しい文化を学びながら暮らしている様子を綴ったブログです☆


国際結婚の手続き情報HP↓
Rt's ★ アメナビ ★

Follow me on Youyube too! ↓
Risa's Youtube Channel

CONTACT ME

name:
e-mail:
title:
message:

QR CODE

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。